FC2ブログ
 

念願のタン

大分市の竹町商店街をずっと奥に進んでいくと、レトロな看板が見えてきました。
201810051.jpg
これぞ、たんや・又兵衛さんが商売をしている証です。
地元のグルメ誌で、誰かに教えたくなるツウなお店として掲載され、かねてより行ってみたいと願っていました。なんでも、「たんや 又兵衛」という名の店は全国に点在しているのですが、元は福岡の有名店でそこからのれんわけして広がり、大分のこちらのお店も味を受け継いだ貴重な店ということになります。
しかし、ホットペッパーや食べログには営業時間は載っておらず、お店に電話をしてみてもつながらない有様で、本当にやっているのか心配でした。もしや、もうお店をたたんでしまったのでは。でも、たどり着くことができました、よかった。

初めて入るお店のドアをくぐるときはちょっと緊張します。入ってみると、カウンターが数席にお座敷テーブルが二つの、本当に小さなお店でした。店主のおばあちゃんが笑顔で迎えてくれて、心が和みます。
ここのお店の先代は十数年前に亡くなられたそうなのですが、奥さんが後を継いで今でも一人で切り盛りされています。
店内は演歌のBGMが流れ、妙に落ち着く。なんだか親戚のおばあちゃんの家に来たような雰囲気でした。

名物のたん串を注文し、焼けるのを待っている間に鶏の砂肝を出してくれました。
201810052.jpg
この後、レバー串も続きました。ありがとう。

たん串が焼きあがりました。
201810053.jpg
わたくし、タンって、焼肉でうすーいペラペラのしか食べたことなかったんですけど、カブッてかじっていいんですか。なんという贅沢でしょう。
うおーっ、口の中に広がるタンの旨味!! しかも柔らかく、絶妙な塩加減です。人生で食べた肉の中で一番美味しいと言っても過言ではなく、涙が出そうなほど感激しました。
(来れてよかった・・・)
201810054.jpg
続いてキュウリとセロリの塩漬けが出てきました。どうやらこのキュウリはたん串とセットのようなのですが、やみつきになる美味しさで、これだけでも焼酎のお湯割りがどんどん進んでしまいました。
これぞ、おばあちゃんの味なのでしょう。

このお店でぜひ食べてみたかったのがもう一品。
201810055.jpg
タンシチューです。たん串でお腹いっぱいだけど、フランスパンもつけてもらいました。お肉がほろほろしていて、シチューも旨味充分、幸せになれる味でした。

この日のお会計は、ビール1本、焼酎3杯と上記の料理でしめて10400円。夫婦二人で浪費してしまった。

おばあちゃんがいつまでも元気にこのお店を続けていけますよう願って、又兵衛さんを後にしました。忘れられない味、御馳走様でした。
スポンサーサイト
 
 

10月1日はコーヒーの日

10月1日、今日はコーヒーの日なんだそうです。へぇ~・・・
そういえば最近、市内に新しくできたカフェに行ってみたのでこの機会に記事を書きます。(カフェのレポートなんてブログは世の中にごまんとあるのに・・・)

幹線道路沿いに、ある日忽然と出現していた新しい建物を見つけました。
201809183.jpg
こんなところに店が出来てる! どうやら珈琲店らしい。新しいもんにはとりあえず行ってみたい。
一度は一人で入ろうとしましたが、駐車場が満杯であえなく断念。オープンしたばかりというのもあるけど、人気店すぎる。

秋の祝日、リベンジしてオットと再び訪れました。
「並木街珈琲」といって、7月に開店したばかりだそうです。なんと、あの大分発祥のファミレスチェーン・ジョイ○ルが、初のカフェ進出を企てて出店したとのことでした。市内には既にスタバ、星乃珈琲などがあって人気を集めており、ジョイ○ルもブームに乗っかろうと頑張ったのでしょう。市場の動向はともかく、それは私のようなコーヒー好きには嬉しいことです。

店内は広くて明るく、棚や椅子もオシャレでテンションが上がります。(写真なくてすまぬ)それでいてBGMは控えめで静かで、いい感じやないの。それぞれのテーブルの間も広くて、解放感があります。このゆったりとした感じは、ファミレスの大きなテーブルから発想を得たのでしょうか。さすが○ョイフルです。
メニューは、コーヒー、飲み物、デザート類はもちろん、ちょっとしたお食事もありました。

201809184.jpg
アボカドとツナの丼を注文。野菜もたっぷり載っていて、さらにスーパーフードのキヌアも入っています。健康を気にする女子には嬉しい一品でした。

オットはベルギーチョコアイス付のパンケーキを注文。
201809181.jpg
焼きバナナが添えられていました。ここのお店はパンケーキに力を入れているようで、注文を受けてから焼く生地はふわっふわで、そのとろけ具合は個体ではないかのようでした。
パンケーキ、流行ってるよね。でもわたしは星乃珈琲のスフレケーキのほうが好きだ。
201810013.jpg
(個人的な好みの問題よね)

さてコーヒーはというと、これも注文を受けてから一杯ずつドリップしているそうなのですが、大きなマグカップにたっぷり入っていて飲みごたえがありました。
201809182.jpg
(ちょっと飲んでから写真を撮ったので、本当はもうちょっと多い)

広い店内に、ボリュームあるお食事、ゆったりと飲めるコーヒー。グループで談笑しているお客が圧倒的に多かったのですが、カウンター席もあり、おひとり様でも気兼ねなくじゅうぶんくつろぐことができるお店です。そして、どこかしら感じるファミレスの雰囲気が、いい意味で敷居を低くして親しみやすいお店にしてくれていました。
お会計は二人で3000円ほど。お値段はファミレス並みとはいかなかった。

一人でカフェでくつろいで、ついでにご飯も食べたいなぁという時に、また行ってみたいと思います。近所でお店の選択肢が増えたのは嬉しい!

今日は、家でコーヒーを入れてまったり飲みました。
20181001.jpg
自分で淹れるほうが安くて美味しい、かも、なんてね。コーヒーの味の違いがわかるようになるまでにはまだまだです。
 
 

月見バーガー2018

マクドの月見バーガーのCMを見ると、今年ももう秋かと感じます。まだまだ夏のように暑いけどね。
毎年一度、かならず食べに行きます。(年齢的に厳しいのでマクドを食するのは月に1度くらいになり、そうなると月見バーガーを食べられるチャンスも年に1回となりました。)

当ブログでも過去に何度か月見バーガーに関する感想をアップしていて、ここまで来るともはや毎年の月見バーガーの進化をレポートするのが使命のように思えてきました。

月見バーガー2006
月見バーガー2010
月見バーガー2012
月見バーガー2017

さて今年は”金の月見”と銘打って見た目を大幅に改変しているようなので、楽しみでした。
オットはノーマル月見を注文。
201809151.jpg

201809152.jpg
バンズが黄色くて真ん丸です。ふわふわで、バターの風味もしっかりしています。おなじみのオーロラソースも健在でホッとしました。
心なしかハンバーグもジューシーで味がしっかりしているように感じます。さすが黄金! チーズも挟まっていて、ボリュームがありながらもペロッと食べてしまいました。
そう、食感が柔らかいので食べている最中はどんどん食べてしまうのがマクドの恐ろしいところです。

食べてしまった罪悪感、胃もたれ感とエネルギー過多状態から抜け出すべく、夕方は夫婦そろって散歩に出かけました。オットがウォーキングに喜んで参加するなんて珍しいことです。

201809153.jpg
歩き始めると、コスモスの仲間でしょうか、秋の花が咲いていました。

来年も食べるぞ、月見バーガー。
毛色が変わった商品も楽しいけど、オットが注文した、昔ながらの月見がずっと続いてほしいのが正直な感想です。
 
 

平成最後の夏の終わり

8月最後の日。カレンダーでは明日から季節が秋に変わるはずですが、体感的にはまだまだ夏は続きそうです。

201808311.jpg
庭に植えたミニトマトや夏の花は次々と枯れて行ってしまいましたが、朝顔はこんなに花を咲かせ続けてくれています。さすが、見た目が涼しげな花でよかったです。

今日でラジオこども電話相談室も終わってしまった。全国の子どもたちは2学期のステージへ突入ですね。しかし、近年では夏休みは短縮傾向にあり、多くの自治体ではすでに2学期が始まっているらしいです。こんなに暑いのに、大丈夫なのか・・・未だクーラーが設置されていない学校が大半だというのに。

考えてみれば、平成の最後の夏でした。しかしなにかをやり遂げたわけでもなく、時々バイトに出かける以外はクーラーの効いた部屋でゲームばかりしていました。
来年、新元号になって初めての夏は、もうちょっと過ごしやすくて、エンジョイしていますように。
 
 

うなぎ

今日は土用の丑。
うなぎは食べたいけど、高いからさんまのかば焼きとかで我慢しよー。そう固く心に誓っていたのに・・・
201807203.jpg
買ってしまいました。
こんなに小さいのに、たった半切れなのに1015円もするなんて(泣)
夫婦で分けたら、ほんま、お茶碗にちょっと乗るくらいで終わりやなぁ。

夕方、スーパーの棚にはズラーッとうなぎが並んでいました。1匹どれも2千円以上。これ、今日中に全部売れるの? こんなに高いのに、買う人おるの? ひょっとしたら明日には割引されるんじゃないの。

近年、節分の恵方巻き商戦が過熱しすぎて食品ロスになるのが批判されたりしていますが、うなぎも同じ命運を辿ってしまうの? そしてますます貴重なうなぎが消滅して高騰していくという悪循環が加速するのでは??

201807204.jpg
土用の丑には、あんこの団子を食べる風習もあるそうで。こっちの方が我が家には嬉しいかも。

これから食べるちょびっとのうなぎが、夏バテに効きますように。
 
 

エコよりも命優先で

異常な暑さが続いています。
オットいわく、気温なんて太陽の活動の影響をもろに受けて変わるから、今の温暖化なんて長い地球の歴史の中で気にするほどの事でもない、なんて意見もあるけれど、わたしはやっぱり、産業革命から化石燃料を大量に消費し始めて加速度的にCO2が増えてきているのが原因だと考えているくちです。
昨日の記事で、クーラー我慢大会のようなことを書きましたが、しかし、もはや私一人がケチってもどうにもならないくらいの温暖化、異常気象となってしまったのでしょうか。

連日、学校で子どもが倒れ、搬送されたというニュースを聞きます。そしておとといは校外学習で活動した小学1年生の子どもが熱中症で命を落とすという、痛ましい事が起こりました。その子の両親の気持ちを思うと、どんなに辛くて悔しいことでしょうか。そして、担任の先生もどんなに償っても償いきれない悲しさに陥っているのではないでしょうか。

一昨年まで学校に勤め、まさに1年生を担任していたので、この時期の校外学習の内容はよくわかります。生活科の単元で、公園が公共の場所であることを学ぶために、教室を出てみんなで公園に出かけるのです。
校外学習は、何日も前から計画し、公園の利用許可を申請し、クラス合同で実施します。これまでの学校では無かった、「暑すぎるから延期する」という発想。
でも、判断しなければならない時代になったのです。

もう10年ほど昔になりますが、同じくらい暑い1学期に、わたしが受け持っていたある保護者が提案してきたことがあります。
この暑さ、子どもの熱中症が心配です。水筒にスポーツ飲料を入れてはだめでしょうか。
わたしはその意見を、職員が記入する学校評価に書きました。しかし職員会議で、熱中症予防の塩分は朝食を食べさせることで充分おぎなえる、スポーツ飲料の飲みすぎで満腹になって給食が食べられなくなるのではないか、等の意見で採用されることはありませんでした。
スポーツ飲料や塩タブレットの持参を認めた小学校があると、昨日ニュースで知りました。現場はかわってきています。

また、過去の話になりますが、学校で子どもが冷感首巻き使うのを許可してほしいという要望もありました。先生たちは一蹴し、「最近の親は過保護すぎる。それは教育に不必要」と言いあっていました。当時は私もその意見にうなづいていたのですが、今年の暑さならどう受け止めたでしょうか。

そして教室のクーラー設置率。増え始めたとはいえ、地域によってまだまだ差があります。居住地の市は順次小中学校にクーラーをつけていって100%を目指すと2、3年ほど前から言っておりますが、そりゃ当分まだまだ先でしょう。
もう、7月になったら夏休みでええんちゃうん?

暑いときは汗をかいたらいい。冷房に慣れすぎると人間が本来持っている体温調整機能が失われてしまう。クーラーは自然にも体にも悪い。わたしはそう信じてきました。
でも、そうも言ってられないほどの異常気象。自分の命を守るため、もう無理はしません。

そして今日も涼を求めてスーパーの休憩所に行くのでした。


 
 

スタバで泣く

ここ最近の猛暑で、我が家でもずっとクーラーつけっぱなしの生活になってしまっていました。
これではいかん。自然に反している。
電気代が恐ろしい。

毎年、クーラーに頼らないで暑さの限界まで耐えられるかチャレンジすることしばしばなのですが、家ではなく涼しい場所で過ごすのも一つの方法です。

というわけで、今年もスタバに避難。
201807071.jpg
よく冷えた店内で、あったかいコーヒーを飲むというこの贅沢。
読書をしてまったり過ごしました。
201807072.jpg
この日読んだのは『虹色のコーラス』という、バルセロナを舞台にした音楽物語でした。市の図書館の新刊コーナーにあったので、読むのは私が初めてかもしれません。
もちろんフィクションなのだろうけど、あまりに美しい物語で、結末に近づくにつれてボロボロ涙をこぼしてしまいました。

いかん、昼間のスタバで一人で泣いていたらやばいやろ~。ちょっと恥ずかしかった。

本を読み終え、感動に浸って1時間ちょっと滞在。もうちょっと粘れるかと思ったけど、あまり長居は悪いかな。

その後スーパーに買い物に行ったついでにそこのイートインコーナーでも座り込むという・・・これで我が家のクーラーをつけずに今日は乗り切れました。
 
 

今年は長崎

土曜日、長崎へ行って歌ってきました。
201806241.jpg
毎年出場しているおかあさんコーラス九州大会(協賛:キューピー)、わたしは7回目の参加になりました。

前日から特急で向かって一泊、早朝から最後の練習をし、緊張しながらステージに立って歌いました。長崎のホールはめちゃめちゃ響きが良くて気持ちが良かった! 
なかなか全国大会の切符を手にすることはできませんが・・・そりゃ、100団体近くある中からちょっとしか選ばれなくて、どの団体も我々と同じかそれ以上に練習も努力も積んでいるだろうから簡単ではありませんよね。

美しさや感動を求め続けるから、音楽は一生勉強だと思う。わたしなんて週1回の練習の時にしか歌ってないけど、それでもステージに立つ時は感性を研ぎ澄まそうと真剣になるから、そんな瞬間があるのは素敵なことなんです、きっと。

本番が終わったあとは、中華街で皿うどんを食べて、長崎を少し観光。
201806243.jpg
グラバー園に来たのは中学の修学旅行以来でした!
201806242.jpg

201806244.jpg
無事帰宅して、お土産に買った岩﨑本舗の角煮まんで一杯。美味すぎてびっくり!!
歌うことも大事やけど、年に一度、九州のどこかに旅ができるのも大きな楽しみです。
 
 

紀州のお酒 黒牛

先月の高野山・熊野詣旅行ですっかり和歌山のお酒が気に入ってしまい、なんとか通販で買えないかと探した結果、ふるさと納税という裏ワザでゲットすることができました!!
201806121.jpg
黒牛というお酒の純米酒と梅酒の3本セットを、和歌山県湯浅町からの返礼品で頂きました。ありがとうございます。
さっそく冷やで飲んでみると、ドシッと辛口、純朴な味わいに正直さがあって心をとらえます。悪酔いしそうにない感じなのでグイグイ飲んでしまいそう。

この黒牛は、紀伊勝浦の旅館で日本酒をいろいろ試飲させてもらった中で、母と伯母が口を揃えて気に入ったというお酒。「わたしら、もうあんまり飲めへんよ~」と言っておきながら、実はいい日本酒を選べるいけるクチだと判明しました。

紀州のドンファンが最近ワイドショーを賑わしていますが、紀州のお酒もおすすめです。

純米酒・黒牛の製造元・名手酒造店はこちら
 
 

タマゴサンド

先日、一人で美味しいコッペパンサンドを買って食べたことにちょっとだけ申し訳ない気持ちがあったので、オットに言ってみました。
「お昼ご飯は、サンドイッチ買いにいかへん?」
「う、うん・・・いいぞ」
梅雨の日曜日、朝ごはんもパンだったのに、またパンを食べさせる気かという心の声が少し聞こえてきました。でも美味しいから、ええやん。

201806071.jpg
大分川のほとりにあるサンドイッチ屋、チャックミーさん再訪。
小さな店内には2、3組先客がいていっぱいでした。みんなサンドイッチを待っているようです。
我々がオーダーすると20分ほどかかるということで、先にお会計を済ませて後で取に来ることにしました。店の奥ではスタッフさんが忙しそうにパンに具を詰めています。

お昼過ぎに、無事に持って帰ることが出来ました。今日はあんこバターのコッペパンと、たまごサンドです。
201806101.jpg
たまごオンリー、ボリューム満点!! 食パンもほのかに甘くて柔らかいです! 夫婦で分け合って食べてちょうど良かった。

美味しいものを食べられて幸せだなぁとしみじみ思うのですが、毎日好きなものばかり食べていて、体に対して罪悪感がないわけではありません・・・