ボジョレーヌーボー2017

今年も、いよいよこの日がやってきました!
ボジョレーヌーボー解禁です!!

○○解禁、というフレーズに日本人は弱いんでしょうか。アユ漁解禁とか、富士登山解禁とかね。

そして、メディアやマーケットがさんざん取り上げてはやし立てるので、わたしのような流されやすい一消費者は、「今年も飲まなきゃ!」と思ってしまうのです。この時期になると、スーパーにはやたらワインとチーズ、クラッカーが並べられ、ああボジョレーの季節だな、と感じさせてくれます。

さて、駅前でボジョレー開封イベントがやっているらしいので、のぞきにいってきました。
駅前広場は冷たい風がふきすさび、田舎の昼間なので人通りもまばら、お目当てのワインコーナーはお客さんよりスタッフの人数が多くて、ちょっと気恥ずかしい感じがしました。(夜の方が盛り上がってたよね、きっと)
我々を見かけると、すぐさま「飲んで行かれませんか?」と猛プッシュしてくれました。
ボジョレー2017
グラス一杯500円でフレッシュなボジョレーヌーボーを味わうことができました。

その後、販売しているボトルを眺めていると、次々といろんな種類を試飲させてくれました。ワインによって、ぜんぜん香りが違うものなんですね! そして、味はお値段にも比例していますね!!(いやいや、どれも美味しかったです)

白昼からすっかり飲んだくれてしまいました。

当たり前だけどボジョレーヌーボーのワインにはおフランスの国旗のマークが立てられていましたが、中には「これ、イタリアちゃうん」というマークもありました。
今日初めて知ったのですが、イタリアワインにも同じような解禁日があって、「novello」というそうです。こちらは10月30日からOKとのこと。もちろん試飲しましたが、個性的で深い味でした。こっちもいいなぁと思ったのだけど、今日の目的はボジョレーだったので初志貫徹、フランスの方を1本買いました。
ボジョレー20172
ちょっと高かったよ~(つД`)ノ (毎年、スーパーで700円くらいのしか買ってなかった)
でも、これが美味しかったんだよ。
ボジョレーヌーボー解禁日なんて、日本人しか盛り上がっていない祭のようなものだけど、それでもいいじゃないか。日常のなかに、ささやかなお祭り気分があって何が悪い、飲むぞ!
 
スポンサーサイト
 
 

食欲の秋なので甘味茶屋に行ってみた

甘味茶屋」は、大分県民なら知る人ぞ知るお店です。別府の鉄輪温泉にほど近い場所で昔から営業しており、ぜんざい等の和スイーツはもちろん、ちょっとしたお食事もできます。
たまたま読んでいたグルメ本にも大きく紹介されていて、どうしても行きたくなり車を走らせGO!

甘味茶屋3
店の入り口です。建物は新しすぎず、どこかほっとする雰囲気です。

店内は御座敷やテーブル、カウンターといろいろな席があり、どこも気取らずくつろげそうです。女性一人でもぜんぜんOKな感じですし、もちろん家族連れもいらっしゃいました。

甘味のお店なのでオットはぜんざいを注文。
わたしは
甘味茶屋2
このお店の名物である、餅グラタンを頼みました。
こんがりチーズがたっぷりです! お餅とチーズのとろとろしているのを口に入れると「ハフッ!」口がやけどしそうになりますがそれが最高に美味しい! 野菜やベーコンも入っているので、この一品でなかなか食べごたえがありました。

お会計でレジに行くと、そこにはお持ち帰りができる和菓子の数々が陳列されていました。
これは、間違いなく買ってしまいます。
甘味茶屋4
上から、塩豆大福、栗茶巾、石垣餅。石垣餅は、大分でよく食べられている、サツマイモのまんじゅうです。
もう、食欲が止まりません!!

最近、当ブログは食べ物の話ばかりですが、みなさまもどうか美味しいものを召し上がって秋を楽しんで下さい。
 
 

ひさしぶりに食べた

オットとスーパーに行きました。
買うつもりのない物でも、二人でいろんな商品を眺めるのは楽しいですね。

冷蔵ケースの中に平積みにされているスイーツを、物欲しそうに見つめてしまう私。
「買えばいいじゃん!」と、おもむろにカゴに入れようとするオット。
あか~ん、誘惑に勝てない!

まるごとバナナ2017
というわけで、まるごとバナナを久しぶりにゲットしました。たぶん10年ぶりぐらいです。
これ、めちゃめちゃ美味しいね~。でも、一人で一個はさすがにもう食べられません。歳をとったし、糖質が気になるよ。
 
 

秋の景色 パンを求めて

温泉に浸かってさっぱりした後は、パンを求めて車を走らせます。小国・阿蘇方面はナチュラル志向のベーカリーが多く、自然の中で焼いているパンは美味しいに違いないのです。

黒川温泉の集落を過ぎてしばらく行った交差点の手前、小道を進んだところに発見しました。
こんがりパン屋さんA
お店の名前はずばり、「こんがりパン屋さん」。茂みの中にひっそりと看板があります。

こんがりパン屋さん2
入口の前のウッドデッキにはテーブルとイスがありました。コーヒーやスープも販売しているので、買ってすぐにこちらでパンをいただくのもいいですね。

このパン屋さんは、週末しか営業しておらず、発見してたどり着けた我々はラッキーでした!
天然酵母を使って焼いたパンは、ずっしりハード系がメイン。あんパンや総菜パンもありました。お昼過ぎには売り切れてしまことも多いそうです。
評判のカレーパンは日曜限定とのことで、残念、また買いに来るぞと誓いを立てました。
この日は選びに選んで4個購入。財布の紐を占めていなければ何千円と買ってしまったかもしれません。
お店を出る時、ご主人と奥さんが「お気をつけて」と声をかけてくださいました。人柄がとても温かかったです。

こんがりパン屋さん3
2個は車の中で食べてしまいました。

画像の山ぶどうのパンは、ずっしり重く、いい香りが漂ってきます。細長いのはバジルとチーズのパン。どちらもぜったいワインに合います!! 
美味しいパンとワインで、人生は幸せになれるのです。


 
 

秋の景色 黒川温泉

ポッキーの日の土曜、ひさしぶりに夫婦で温泉へと出かけました。せっかくなので、ちょっと足を延ばして黒川温泉まで行ってみました。
お天気も良く、空も澄んで山々の景色がとても美しかったです。
20171111d.jpg
20171111e.jpg
毎年この季節に久住方面を通ると、雄大で繊細な自然の風景に感動をもらえます。大分に住んでいて幸せだと思うのです。

耕きちの湯
県境を通り過ぎて、目的地の耕きちの湯に到着しました。黒川温泉の集落の手前にあります。
敷地内も秋の彩満載でした。
こうきちの湯
貸切風呂はすべて露天風呂で、豪快に川に面していました。この季節に来てよかった!
お湯は硫黄の香りが立ち込め、白い湯の花がわんさか浮いていてガツンと温泉らしい温泉でした。

黒川はどの温泉も、周りの自然を生かして風情ある造りをしています。だから大人気なのでしょう。
 
 

竹宵2017

臼杵竹宵まつりで歌わせてもらうようになって3年目になりました。
夜のお祭りで出演は20時ごろだったのですが、午後2時に早々と臼杵市内に到着。
街は、竹灯篭を並べたり屋台を出したり準備にいそしんでおりました。
地元のみなさんが協力し、街中がお祭りムードになっていていいですね!

IMG_1447.jpg

一人でお目当てのカフェでのんびりしようと思っていたのに準備中・・・仕方なく、屋台で鶏飯を買って腹ごしらえをしました。
IMG_1446.jpg
白昼堂々、鶏飯をアテにノンアルを飲むおばちゃんって・・・

夜も更けて、灯篭に灯りがともり始めました。
IMG_1451.jpg

スマホの電池が無くなりかけていたのでほとんど写真がとれず(泣)

私たちは屋内の会場をお借りしてミニステージを2回、ポップスを中心にコーラスで歌わせていただきました。聴いてくださったのはほとんどが見知らぬ通りすがりの人で、客席との距離がとても近くて緊張してしまいました。でも、一緒に歌ったり、手拍子してくれたりする人が沢山いてくれて、盛り上がりました!
こんなミニコンサートだからこそ感じられる、お客さんの温かい反応が嬉しかったです。
歌うって、いいねぇ・・・

わたし一人ではとうてい実現できないステージでしたが、メンバーや協力してくださったみなさんのおかげで楽しい、感動的な時間を過ごすことができ、感謝でいっぱいです。
次の本番を目指して、ますます歌を頑張っていこうと思います!
 
 

カルミナブラーナ演奏会

カルミナブラーナの演奏会が終わりました。6月下旬から練習に参加して、あっという間の4か月間でした。
20171022.jpg
リハーサルの時にステージから撮りました。こんな大きなホールで歌えたなんて、感激です!

当日は選挙と重なってしまい、台風までやってきて、招待した方々に申し訳なくて・・・楽屋の窓から雨風が激しい様子を見て、行くのを止めたお客さんも多いんちゃうかなとがっかり。
(実は選挙のせいで、出演を諦めざるを得なかった団員さんもいました。こっちの方が先に決まっていたのに、なんてことしてくれたんだ!)

歌えば歌うほど、聴けば聴くほどそのリズムとメロディと世界観に魅了されるカルミナブラーナ。ステージ上での演奏は1時間以上にわたりましたが、本当に夢中であっという間でした。
客席にいたオットは、一瞬だけ私の声がわかったそうです。えっ、それはちょっと恥ずかしい・・・たしかに、24曲目の最後の音符、リタルダントにテヌートでめっちゃ伸ばすところ、私が一番最後まで声を出していた感がありました。

ステージを終えると、ご招待した方々からの差し入れが!
20171022B.jpg
こんな嵐の中、来てくださったのですね!! めっちゃ大きな花束に涙が出そうになりました。嬉しい悲鳴です! 
聴いてくれただけでも充分ありがたいのに、みなさんの温かい心遣いに感謝しなければなりませんね。私は幸せ者です。

一晩たった今でも、カルミナブラーナのメロディが頭の中で何度もよみがえります。もう終わってしまったなんて・・・カルミナロスになりそう。
参加させていただいた合唱団のみなさん、関係者の皆様、本当に素敵な演奏の機会をありがとうございました。
またいつの日か、ご一緒に歌える日が来ることを信じています。


 
 

やきゅう

20171018.jpg
これ食べながらCSファイナルステージ応援するはずだったのに・・・

阪神タイガース、2017年お疲れ様でした!
今年は仕事を辞めたおかげでプロ野球中継を見る余裕が出来、大分で放送がやっていない日はネットでチェックしたりして、例年以上に熱く応援することができました。
関西を離れて10年近くになりますが、ずっと阪神は好きでいたいです。

同志である母親からのメール。
「生きているうちに優勝が見たい」
切実やわ~( ノД`) 頼むで、タイガース!!
 
 

波多野睦美さんの「冬の旅」

週末に天気が悪くなり、雨で体が冷え冷えとします。
今日は、尊敬する声楽家の波多野睦美さんのコンサートに行ってきました。

winterreise.jpg

シューベルト「冬の旅」。わたしが長年心惹かれて、これを歌うために男性に生まれたかったと思うくらい好きな曲です。
(当ブログにも、過去に記事がありました。)10年前に歌い始めて、指導いただいた先生に、どういった表情をつけて歌いたいかを感じて自分で作っていくように言われていた事を、読んで思い出しました。

今日の波多野さんの演奏は、まさに歌の表情が素晴らしかった! ご本人が詩の世界に入り込み、情景を体現されていました。
時に語り、時にはかなく、そして力強く歌っておいででした。
10年前はちんぷんかんぷんだったドイツ語も、分かる単語が非常に増えていて自分は嬉しかったです。
歌うには、本当の意味で歌詞を理解し自分の中で昇華しないと、感動は表現できないのだなぁと今日のコンサートでしみじみ感じました。
「冬の旅」をまた歌いたくなりました。
 
 
 

暑い体育の日

3連休の間に衣替えしないとと思っていたのですが、暑くてやる気が失せました。まだまだ夏物活躍するよ。
扇風機をしまったのが早まったと思うくらいです。

291009A
連休なのに、コーラスの練習ばかりに行ってろくに出かけなかったのだけど、今日はオットとカフェランチをしました。白身魚の黒酢あんかけとオムレツ、ごはんは五穀米かな。
大分市宗方にある「サリーガーデン」さんは、素敵な空間のカフェで落ち着きます。

291009B
お店の外にて。稲穂とコスモスの風景は、どうしてこんなに懐かしいのでしょう。